トップ画像1


商品分類

商品分類一覧
分類
名称
説明
 
se
◆石鹸職人 桶谷正廣氏
 
大阪市内の北東部、城東区関目に最も古典的手法で石けんを作る工場があります。この辺りは、古くから石けん工場が点在し、大手メーカーもあります。そのなかで、こじんまりとした佇まいをみせる「桶谷石鹸株式会社」は、創業昭和26年。現社長兼職人でもある桶谷氏は二代目です。周囲の石けんメーカーが次々と合成物質を使う加工石けんメーカーへ変っていく中で、かたくなに天然素材と手作りを続けています。
 
現在の石けんの多くは 既に出来上がった"石けんの素"を加工して、香りをつけたり形をかえ、保存性を高めるなどで多くの合成物質が添加されています。ここ桶谷工場で作られる石けんの素材は牛脂、ヤシ油、そして油分を鹸化させるための苛性ソーダといたってシンプルです。直径2mの大きな釜にこれらを入れ加熱し、鹸化していきます。石けんが高温で飛び散るため、かなりの危険が伴います。鹸化された石けんは四角い型に流され、練られて空気を抜かれ、ゆっくり固まります。手作業でカットされ、出来上がるまでに7〜10日かかります。
 
現在 手作業で一から石けんが作れる職人は全国に十数人しかいないそうです。石けんについて語る彼には情熱がみなぎっていて、こだわりを感じずにはいられません。後で知った話ですが、この桶谷氏、石けん業界では超有名人だそうです。
 
○桶谷氏からのメッセージ
 「とにかくつかってみてください。 必ずわかります。」
 
無添加石鹸
ke
毎日使うものだから
  お肌にやさしいものを・・・
 
自然派化粧品
kd
健康・美容に、体に優しく、おいしいものを!
 
こだわり商品
ch
素材、製法、産地などにこだわった、安心の調味料。
毎日使うのもだから、おいしくて、体に良いものを!
 
調味料
ju
  ジュース類
wk
ムレない 防臭効果 快適 軽い!
  「みの紙舞 美濃和紙靴下」
 
 美濃和紙で作った靴下が、ひそかな人気を集めている。足の蒸れやすい人にお勧めだと聞いて、買い求めてみた。美濃和紙靴下というが、見た目は普通の靴下と変らない。手に持ってみた。軽い。足を通すと、さらさらとした履き心地で、綿の靴下とは明らかに違う感触がする。
 
 靴下を履き、室内を歩くだけで冷気が入ってくるので、通気性が非常に良いのが分かる。「夏は涼しいが、冬向きではないのか」と思ったが、決してそうではなかった。靴を履き歩き始めると、ぽかぽか足が暖かくなってきた。
 
足と靴下の間に空気の層ができ、それを足の体温で暖める好循環が靴の中で生まれている感じだ。蒸れや冷えがなく、足の乾きが実感できる。
 
「和紙には、吸湿性が綿の6倍もあるからです」。靴下を製造販売する岐阜県美濃市のギャラリー「みの紙舞」代表取締役の市原慶子さん(54)は説明する。和紙の繊維が絡み合う無数のすき間に汗などの水分が吸収される。保湿性もあるので、ほどよい潤いも与えてくれる。
 
「みの紙舞」は、同市本住町の「うだつの上がる町並み」の中にある。訪れる観光客のほとんどが「和紙の靴下」と聞いて、「使い捨てですか」などと言って、にわかに信じてくれないという。勇気ある人が買ってくれて、リピーターになってくれる。評判はじわじわ広がり、2年ほど前から少しずつ売れるようになってきた。
 
靴下の製造は、まず、美濃和紙を幅1ミリから2ミリに裁断することから始まる。それを独自の方法でよって糸を造る。これだけで綿に劣らない強度を持つという。
  
 1300年の歴史を誇り、均質性の高い美濃和紙の品質も、その強さを支えている。「和紙が、綿、麻に継ぐ第三の植物繊維になればいい」と市原さんは言う。和紙だけの糸だとやや硬く機械で編みにくい。しなやかさを持たせるため、パルプを原料とする繊維アセテートを少し混ぜて糸を作っている。抗菌性を持たせることもできる。
 
洗濯機で何回も洗える。ただし、長時間ぬれたままにしないように注意する必要がある。漂白剤も使えない。
 
より強さをもたせるため、素材や編み方などに改良を加え、自転車ロードレース用の和紙靴下も開発した。使った選手からは「雨でぬれてもまったく変化しない」「靴の中はジュクジュクしているのに足はサラサラ」と好評だった。伝統が生きる美濃和紙靴下。その進化は今も続いている。<朝日新聞に掲載されました>
 
和紙靴下
wi
こだわりワイン
 
ワイン
ng
新潟のこだわり地ビール
 
ビール本来の原料である「麦芽・ホップだけ」を使用し、ビン内・缶内で自然発酵させた100%ナチュラルな地ビール(一部除く)。旨みのある深い味わいをお楽しみいただけます。本場ヨーロッパスタイルの黒ビール、エール、ヴァイツェンなど、種類も豊富。
 
新潟ビール
ni
  日本酒
ws
楽しみながら学ぶ
 
ワインスクール「和飲学園」
 
      初級コース 20期生(昼のコース)
 
           参加者募集中!
         2016年4月スタート
 
--------------------------------------------------------------------------------- 
「ワインは難しい」「ワインはわからない」
        と思っている方のためのワインスクール
       知るほどに楽しくなる!
   飲むほどに美味しくなる!
 

 
 ワインを楽しむためのコツに重点を置いている、サークルのようなワインスクールです。「どうすれば、もっとおいしくなるか?」「こんな時、どうするか?」という疑問解決をはじめ、数種のワインを同時に飲み比べることにより、好みの産地や品種もはっきりします。
 
 全回で約50種類のワインを飲むので、「こんな美味しいワインがあったのか!」という発見もあります。
 
 4月から、毎月1回の全10回。初めに三十分ほどの講義をお聞き頂いた後、ワインのテイスティング(数種の比較試飲)をしながら、お料理をお召し上がり頂くという内容です。
 
 多くの方がお一人でのご参加ですが、ワインを飲めばすぐに皆さんと親しくなれますので、ご心配いりません。ワインと料理を和やかに飲み、楽しみながら学ぶ和飲学園に入学してみませんか?
 
 心よりお待ちしております
     日本ソムリエ協会認定 ワインアドヴァイザー
              土井 誠
 ■募集要項
○対象   ワインが好きな方、興味がある方(20歳以上)
○入学金  とてもいただけません
○参加費  実費として40000円税込
       ・授業10回分のワイン
       ・軽食(サラダ、パスタ、パン)
 
      お申し込み時にお願い致します
 
     また、スクールで使用する国際規格テイスティンググラス6個を
    ご購入いただきますので、別途4000円(税込)必要となります。
○定員   各8名(お申し込み先着順) 最少催行5名
○会場   エスポア・ドイ ダイニングルーム
○日時   昼のコース 12:00〜13:30 日程下記参照
○その他  会場内は禁煙。香水等はお控え下さい
○講師   エスポア・ドイ 土井誠
           (日本ソムリエ協会認定ワインアドヴァイザー)
 
○日程(第3火曜日 12:00〜13:30)
  2015年 4/19(火) ワインとは
     5/17(火) おいしく飲むには
      6/21(火) ぶどう品種@
      7/19(火) ぶどう品種A
      9/20(火) フランスワイ
     10/18(火) イタリアワイン
     11/15(火)ドイツワイン
  2016年 1/17(火) スペインワイン
      2/21(火) ニューワールドワイン
      3/20(火) まとめ
       (8月・12月はお休み)
  

>

■ 和飲学園にご参加頂いた方の感想
 
○家庭で同時に何本もワインを開けることはありませんが、
    和飲学園では飲み比べることができ、味の違いがよくわかる。
 ○レストランで気楽にワインを頼めるようになりました。
 ○月に一度のこの日が、とても楽しみでした。
 ○まさに、楽しく和やかに学ぶことができました。
   また是非参加したい。
 ○いろんな料理とワインが楽しめてよかった
 ○仕事や世代の垣根を越えた。新しい友人ができたのが嬉しい。
 ○料理とワインの相性が、何となくわかるようになった。
 
ワインスクール
ib
試飲会や酒蔵見学、地域のお祭りへの出店など、各種楽しいイベントを開催しております。どうぞ遊びに来てください。


↓大人の遠足 奈良の葛城酒造へ行きました




↓「美味しいワインと料理を楽しむ会」
  「美味しい地酒と料理を楽しむ会」
  「ボージョレ・ヌーボー樽を飲む会」 など開催しております 




↓みのり市(王子神社)に出店しました




↓どっぷり昭和町バイローカル(桃ヶ池)に出店しました

 
イベント

エスポア・ドイ

TEL 06-6622-2333